HOME>記事一覧>開業するたには試験を受けて第二種運転免許を取得

自由気ままに働ける

ドライバー

個人タクシーのメリットと言われているのが、時間や制度に拘束されることなく、自由気ままに働くことができるという点にあります。特に、観光地では流しで客を比較的簡単に捕まえることができるということもあり、個人タクシーが多いのが特徴です。何時に出社し、何時に帰宅するという時間の制限がなく、休憩も自由に取ることができます。地方都市で個人タクシーを営業するとなると客を獲得するのは難しいかもしれませんが、観光地であればやっていけるだけの利用客はあります。また、個人タクシーでは、得られた収入はすべて自分のものになります。

退職後でもすぐに参入しやすい

最近増えているのが、退職者の個人タクシーへの参入です。定年で会社をやめた後に、時間を持て余していることから、個人タクシーを始めてみようという人が増えているのです。開業するためには、地方運輸局にて新規許可を受けるために試験を受ける必要があります。これに合格すれば、開業することができるのです。また、個人タクシーの参入に際しては、第二種運転免許を取得する必要があります。よく間違えやすいのですが、タクシー運転手というのは、普通自動車免許ではなることができないので、注意をしたいところです。参入には多少準備が必要です。

広告募集中